「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

アイカツ!最終回

b0112828_2014872.jpg
放送開始半年後ぐらいから視聴を続けてきたアイカツ!がついに最終回を迎えました!
一時期アイカツおじさんと化していたオレとしては寂しいけれど、まぁアイカツスターズ!も始まるし、ここらで一区切りなんだろうな、と自分を納得させています。
続けてるとそのうちイチゴちゃんたちは大学生になっちゃうしね(;´∀`)

それにしても、今日で2015年度も終わり。
個人的にはとても感慨深い年度末となりました。
仕事でも、趣味でも、なんか大きく一区切りですわ。
もちろん、明日からまた新しく年度が始まるんだけどね。

この年度末、いろんな番組が終わりますよね。
今日、ごきげんよう!が終わっちゃったし。
明日でおかあさんといっしょのたくみお姉さんが卒業しちゃうし。
アルペジオのラジオも終わっちゃうなぁ。

そんなもろもろの思いを、アイカツの最終回に乗せてお送りします!www

そんな訳でとてもアイカツ!らしい最終回、いくつかオレが気に入ったシーンをご紹介。

うん、うん。これもアイカツだね!
[PR]
# by acro_characin | 2016-03-31 20:09 | アニメ | Trackback | Comments(0)

このすば2期決定だ

b0112828_1045527.jpg
今期は良アニメが多くて、毎日色々な作品を楽しんでいたんだけど、その中でもこのすばはとてもお気に入りでしたのですよ。
でも、10話で終わっちゃうって寂しいな、と思っていたら、最後に2期決定のお知らせ!
こいつはうれしいですぜ、旦那。
最終回も、まさかのキュアミラクルとキュアマジカルの魔法の競演が見られたりと、楽しくも熱い内容だったので、ぜひ魔法使いプリキュア放送中に2期を放送して欲しいですね。

と、久々にアニメの話でした。
[PR]
# by acro_characin | 2016-03-17 10:47 | アニメ | Trackback | Comments(2)

艦これ、イベント終了

b0112828_21344327.png
今回の冬イベ、無事終了いたしました。
個人的にねw
期間はまだまだあるので、終わってない方々の方が圧倒的多数だと思いますが、オレは終わり。
日常に戻ります。
この画像は、終了直後の画像だけど、前回の開始直後の画像と比べると、燃料と弾薬を大体40kくらい、バケツを150位つかった感じですかね。
甲攻略したので、最後のダブルダイソンに手こずって3万以上そこで資材を消費した感じでしたね。

以下、ざっと今回の闘いを振り返りますが、本当にざっとですので、大した期待はされずに見ることを推奨です(*´∇`)

見どころ、これだけw
[PR]
# by acro_characin | 2016-02-16 01:31 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

b0112828_2284543.png
えー今年に入ってだいぶ経ちましたが、久々にブログを更新。
昨日より始まった、艦これのイベントの報告でもしてみようと思います。
とりあえず、資源はこんな感じ。
前回のイベント開始時より、弾薬以外は増えてますね。
イベントの規模が今回は小さめなので、余裕で間に合うと思います。
個人的には、しばらく備蓄したくないので、あまり使わずに済ませたいですね。

b0112828_2291854.png
とりあえず、E-1にはこんなメンツで出発。
みんな、対潜装備満載です(*´∇`)

さて、E-3まで掘り終わるのに何日かかるかしら。
[PR]
# by acro_characin | 2016-02-11 22:11 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

Scott Weiland 死す

もうグランジって言葉を知らない若い子も多いんだろうけど、オレが若い頃、ロックシーンを席巻していたのは、ニルヴァーナやパールジャムといったバンドたちでした。

そうしたムーブメントの中で、一際輝いて見えたバンドが、Stone Temple Pilots。

当時ニューヨークでニートに近いグダグダな生活をしていたオレは、Stone Temple Pilotsのミュージッククリップ(デビュー曲のPlushだった)を観たいがために、時間があれば1時間でも2時間でMTVの流れるTVにかじりついていた(幸い、人気のある曲、話題になっている曲は1-2時間に1回はかかるのだ)。

ようやく英語が理解でき始めた頃だったので、必死に歌詞を理解しようとし、でもScottの描く世界は英語のネイティブスピーカーどころか覚え始めて半年ほどのオレにとってはそれはとても難しくて、それでも彼のキラキラした才能は嫌というほど感じさせられていた。

そのScott Weilandが死んだ。

もう、一週間も前のことらしい。

正式な発表はないが、多種多様なドラッグがツアーバスやバンドメンバーから見つかっているみたいなので、まず間違いなくドラッグのODで死んだんだろう。

彼を知る人なら、こういう死に方をするのは予想通りに違いない。

オレも、彼の訃報に接して、真っ先に思ったことが、「ついにやったか」だった。

彼は90年以降のロックスターの中では、一番ドラッグとの関係が深い人間の一人だったと思う。

ドラッグの良し悪しはここでは問題にするつもりはない。

ただ、あまりにもロックスターらしいその生き方(恐らくとても苦しい)を見ていて、彼が描く世界は、その生き方なしには生まれないのだろう、と諦めるように感じていた。

ここ数年、Stone Temple Pilotsのことを思うことは大分減っていたが、今、Scott Weilandが死んだ、と聞いて、今さらながらポッカリと心に穴が開いたような気持ちになっている。

これはただただ勝手なオレの心的現実の話になるが、彼の狂気に満ちた神秘的な世界観は、少なからずオレの今の仕事(を選択したことか)に影響を与えているし、それはふと、仕事について頭を働かせているタイミングでBestAlbumのジャケットに描かれた、一面の向日葵の映像が頭に浮かぶたびに実感している。

それは、すぅっと現実から距離を取り、思考から離れたところで、ある種根源的なイメージの世界に誘われる体験だ。

そしてそれは、オレが仕事を続けていくうえで大きな支えとなっているのである。


Scott Weilandの死に触れて、心の内に浮かび上がったものを、ここまでつらつらと書き連ねてみた。

やはり、文字にするとどうも感じているものとのズレが生まれる。

もう一度、あの向日葵のジャケットを眺めながら、Glideを聴き、彼の世界に心を遊ばせることで、私の中のScottと会話することが、彼を追悼するベストな方法のような気がする。

なので、文字を書くのはここまで。

Scott Weilandの名前と彼の才能は、オレが死ぬまで忘れることはないだろう。
[PR]
# by acro_characin | 2015-12-10 23:13 | Music | Trackback | Comments(2)

フィギュア、ゲーム、TV番組などに触発された妄想日記。 のんびりやってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31