咬ませろ~♥

b0112828_20161394.jpg
本編ではすでに2号ライダーイクサも登場しましたが、装着変身シリーズではようやくキバがリリースされました。
昨年の電王の時に、その進化ぶりに感動させられた装着変身ですが、今回は・・・・正直微妙。
何だろう、デザインが悪いっすね。
体全体が横に広がりすぎな気がします。
顔の造詣もイマイチですし、首の可動がおかしい。
あごが全然引けないんですよね。
なので、ポーズもあまりキマリません。

困ったなぁ・・・・レビュー冒頭からいきなり苦言ですよw
それだけ期待していたってことなんでしょうね。

まぁとりあえずレビューしてみますので、皆さんの目で確かめてみてくださいませ。



b0112828_20162668.jpg
まずは素立ちで。
全体的にもっさりしてます。
先にも言いましたが、ボディの厚みが前後に薄く、太ももが異常に太くなっており、なんとも冴えないスタイルになってますね。
うーん、コレはショック。
キバには期待していたので、その落胆も大きくなりました。

b0112828_20392556.jpg
リアビュー。
このダイキャスト製のアーマーは見栄えが良くてカッコイイですね。

b0112828_2040323.jpg
キバお得意の、腰を落としたファイティングポーズを取らせてみようかと思いましたが、イマイチ決まりません。
最近バンダイは、ビス穴の見えない素体を開発して、聖闘士聖衣神話、S.H.Figuartsなどに使用してますが、独特の間接処理のために、非常に間接の保持力が下がってます。
このキバもその一例。
特にキバはダイキャスト製のアーマーの重さが上半身に集中していて、ポージングさせてから自立させることが割りと難しい。
これは完全に失敗ですねぇ。

b0112828_20425284.jpg
ポーズに困ったので、パンチのポーズ。
まぁ打ち破れ!!って感じで。
肩アーマーは可動に干渉しないようによく作られています。
この辺は、神話シリーズのノウハウが活かされてる気がします。

b0112828_20475142.jpg
肩パーツの開閉はこんな感じ。
左右、上下に展開します。

b0112828_2044233.jpg
ダークネスムーンブレイク始まりのポーズ。
ちょっと記憶が定かでないんですが、こんな感じでしたよね?

b0112828_20463450.jpg
そしてキック。
この足の開閉ギミックは結構お気に入りです。

b0112828_2050312.jpg
ちなみにコレが商品の初期状態。
かなりみっともない下半身デブですねw

b0112828_2050419.jpg
一応リアビュー。

b0112828_20505570.jpg
アーマーのみ。
このアーマーは結構いい出来なんですけどねぇ。

b0112828_20513685.jpg
そんな訳で、装着変身 仮面ライダーキバでした。
バンダイの可動フィギュアの悪い点がかなり集まっている商品だと思います。
やはり、この価格帯の仮面ライダートイとしては、今後はS.H.Figuartsに期待したほうが良さそうですね。
あちらも間接に不安は残りますが、シルエットの美しさは段違いですからねぇ。
なんとゆーか、figmaルルーシュを手にしてしまうと、他のフィギュアが全部色褪せて見えてしまうなぁw
まぁ、そうなったらfigma以外のフィギュアを集めなくてすむので、個人的には助かるのですがw
とりあえずは、しばらく装着変身は買わないことにします。
[PR]
by acro_characin | 2008-03-30 20:55 | Comments(0)
←menuへ